人気ブログランキング |

味方 

「一人ノケモノ」展 (森岡書店)
無事終了しました。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。


ひきつづき、10:06での 「見るまえに跳べ」展 
よろしくお願いします。


「一人ノケモノ」は、
主に100cm×75cmの大きなパネルでしたが、

「見るまえに跳べ」は、
ミニスライドショーと水を使ったインスタレーションという
今までにない手法を試みています。

前回の「阿呆」展につづき、
「今日は展示やってないんですか?」
と必ずや数名に尋ねられてしまう薄暗い照明の下、
なんとかやっております。

今回の展示は、一部私にとって、レクイエム(鎮魂歌)の意味を持ちます。
当初の予定ではありませんでしたが、
さまざまな思いが巡った結果こうなりました。
解釈の仕方は何通りもあり、
大袈裟だったり、押し付けるのは好みませんが、
今私が抱く写真に対するどうしようもない空虚さに折り合いをつけるために、
あえて示しておきたいとおもいます。


一人であろうとなかろうと さびしかろうとなかろうと
永劫まで手離せないおもいを胸に
いきていく
風よ あまり強く吹くな 雨よ 君の額を打つな
春よ 来るのなら やわらかく君を照らせ
夏よ秋よ冬よ いつなんどきにも君を守れ
私の大好きな チョコレートの匂いをかおらせて
どうか 君よ すべてのものに愛されますように
  

by tanta720 | 2009-03-24 03:15 | 写真 | Comments(0)