人気ブログランキング |

うまれた時に宝はもらっていた

f0073699_5392893.jpg


失望しない日なんて ないです
まいにち涙をあやつる よゆうもない


でも ただ ばっかりいって はなれていかれもします
えんえんと悲しむけれど どこかほっとしてる
馬鹿な背のびで おのれをあざむかずにすむからなのか


キビキビなんて 動けない
揶揄されても すぐには気付けない
深く傷がついても 深くかんがえないから
痛みだけ残りつづけて 必ずわすれてしまう


でも  やっぱり繰り返すのはどうなんだ
ただ  やっぱりおもうだけじゃあ 言い訳ばかりが滑りおちる


じゅうねん前に こころ奪われた曲をつくった人 新たな曲
メロディも歌詞もことなる 


でも  いちいちズンと立ち止まる 立ち止まらざるえない
ただ  同じことを唄いつづけている あたしにはそう聴こえる


リアルな煩悩と苦悩にもがく みじめでまるでうつくしくない物語
願うものは なんとなく知った
叶っていないことも  


貴方をキライになりたいわけじゃない


ただ 最高に居心地の悪い場所で 歯がゆいおもいをしつづけて
でも これが人生なんだと諭すような ごまかすような

ありふれたやさしさを紡いでいないから
よけいにとらわれてしまう


じゅうねん分の残酷を まぎらわす術はもてなくていい


(せめてきょうくらい)



ーーー きのうの晩ごはんはとっくに忘却
ーーー あしたの昼ごはんにこころはせることもない
ーーー きょうの朝ごはんはたべていない



お腹がへればたべる へってなくてもたべたりしてる
なんでたべてんのだったっけ 
たべなければ しぬということだった


しんでしまうかもしれぬのならば


反SFのおぼつかぬ未来も
あさっての昼ごはんも
何色にもならないでしまうんだろう


しんでしまうかもしれぬ
しなれてしまうかもしれぬ


あいまいな不安 ぼんやりしている今に恐怖をかんじる





 



  

by tanta720 | 2010-01-22 13:58 | ことば | Comments(0)