類は友を呼ぶはずなのでは?

f0073699_2248795.jpg



早速、9月大阪の「竹内電気」のライブが現在この世で4番目くらいに楽しみ。


といいつつ・・・

よる、大家と少しモメる。
彼女、だいぶ気が強い。
隣の部屋では、引退したハルモニ達が静かにTVをみている。
あの人たちは、大好きなんだが・・・。
ワンルームなのに、真下に大家が住んでいるのって結構メンドウなもんだ。


あー いま部屋にあるマッコリのマズイことっ!
もうちょっとイイやつ買わんといけん。今度は生タイプにせねば。



最近、特にはまってるコングッス。


本当はカレーに情熱を捧げたいけれど、矛先が、本当に「ない」。
はやく見つけたい。通いたい。通いまくりたい。
2、3軒くらい優良店があれば、あとは何も望まない(多分)。
できれば、個人でカウンターでやっているお店。
店主が変人な感じだということなしである。


・・・今のところ、ココイチとその邪道達にしか巡り合えておらず。
スパイスは、唐辛子だけじゃあないはずで。
一方通行なだけのその辛さは、善良なカレー好き(馬鹿)を不幸に貶めるに容易い。


日本(っぽい)カレー、ってのには、特に注意要。
インドのなんちゃってカツ丼よりも、デタラメ率高。
レトルトが、神におもえてくる。
そして、なぜかお付きのミソスープ(時にカレーに限らず)という名の白湯(さゆ)。
あれは、なんでしょう。地獄からのヌルい使者?



ともあれ、はい、コングッス。
店によって、麺や豆乳スープに違いがやはりあって、
シンプルゆえかコレも中々奥深い。


自家製とおもわれる豆乳だからといって旨いとは限らないし、
チェーン店系は、特にレベル低し。

ごくあたりまえのことなんだけれど、
ほぼなんでも旨くて地元民に愛されている食堂は、
夏限定のこのメニューも当然のように旨い。
本当にあたりまえのことなんすが。


なもんで、ネットで有名店や口コミを漁るのも一興なんだけども、
できれば、ごく近場で穴場店をパチンとみつけたいところ。
なもんでついでに、一時帰国までに、毎日食べ歩いてみようかと・・・。


と・・・
心に誓っていた夏のはず・・・


即効、今日は弘大で、なにをどうしたか、へなちょこウドンを食。
食した後も正体不明だった、不思議天ぷらをお供に。
あの弾力は何だ。あの色は何だ。
あの味は・・・無かったからわかんないねぇ。
店員さん達の、辛そーで美味そーなまかないを凝視しちゃいましたねぇ。




ネットニュースで、北アルプス等の夏山での事故を知る。
去年の今頃は、まだ長野の白馬にいて、おやっさん達に揉まれていたんだった。


小屋終いまでいた人から、
お盆を過ぎてから事故が増えることが多いと聞いたことがある。
登山客が少なくなるというのと、
それにつれ常駐隊も手薄になるというのもあるかもしれない。
要因は、もちろん他にもさまざまあるのだと思うけれど。


朝の肌寒さや、風の冷たさ、天気の移り変わりの激しさなどよりも、
山の季節が確実に動いていることは、
小屋の周りに咲いている高原植物が一番教えてくれた。
そんな呑気なこといってたらいけないんだが。
すべての方々の山行の無事を切に祈りたいです。


わたしは、今年いけるとすれば、
黄金ルートながら、秋の上高地~涸沢。
紅葉はそこまで欲していないので、できれば激コミは避けたし。


ソウルなら、まず北漢山にいくつもり。
千メートルないけど、岩場が多いんだとか。
期末テストさぼって・・・って言ってたらダメなんだよねぇ。
[PR]

by tanta720 | 2010-08-18 01:49 | 韓国 日々 | Comments(0)