人気ブログランキング |

ニューヨーク…

まさかの ロストバゲージから
はじまったニューヨーク。

28日、昼前。
2日目にして、実質 最終日。

特にやることを決めていなかったから、
とりあえずアイサツできればと思ってた。

ところが
面白そうなのである。

なんか堅苦しくない。
なんか隙がある。

目当てが確実なら、
確実に楽しめそうだ。

でもって、
物価が恐ろしく高い。

南米から飛んできた身では、
いくら日本とそない変わらないといえど、
恐怖…不安…懐疑…( ̄(工) ̄)

ロストバゲージで身軽になったのを
不幸中の幸いとして、
昨日は宿の確保のまえに、
メトロポリタン美術館へ。

空港からは、シャトルのシェア。
ボリビアの出国税と同じくらい。
そんだけ、バガジってるということか。
直接、行きたいとこで降ろしてくれて便利。

で、
とにかく、
とにかく広いー。

中南米圏の展示は、
おさらいのようで楽しめた。
もちろん、
本家には絶対かなわない。

こういうときは遊び心というのか、
セレクトが
ところどころ間抜けで楽しい。


ヨーロッパ圏の絵画を
久しぶりに大量に目にした。
私ですら知っている著名な作品も
ゴロゴロ。

実際、よかったよ。
で、偉そうにおもったのは、

その国のものは、
できれば、その国にて。
それが、
いちばん幸福な出会いのようですよ。

日韓しかり、
どの国であったって。


……

結局、
紆余曲折のすえ、
初日はコリアタウンに宿を確保。

実は、3連休中だったらしく、
いつも以上に難しかった模様。

部屋代のほうが、
とつじょ今までの10倍〜30倍だから、
なんか妙な気分。

でも…

水がでる〜
まさかの、お湯も…見事に…出る!
そして…
ありえない水圧。

鍵がある!
そして、鍵がかかる!

ペーパーもある!流せる!
そして…つまらない!

ベッドと枕も、
かつてなく快適。
弾力があって、柔らかい。

アメリカの人と気があうような
気がしてきた…。

そして、

コリアタウンの韓国料理。
ペルーの雪辱を果たせるのか。

韓国フェイスや看板が、
ブロードウェイからすぐの
この通りにあふれている。

角には、
ウリ銀行がでんと建っている。


にぎやかそうな店で、
スンドゥブチゲを
おそるおそるオーダー。


感想。

杞憂…以上。

ナムル、キムチ、チゲ。
ソウルの普通の食堂には
余裕で勝利。

ただ、
アジュンマを一人も見かけないのが、
寂しく、不思議なかぎり。


28日の朝は、宿のビュッフェ。
ベーグルをあほみたいに食。

ユダヤ人街で食べるはずでは…?

by tanta720 | 2012-05-29 00:59 | | Comments(0)