タグ:旅行 ( 48 ) タグの人気記事

目玉までしゃぶられる人生

f0073699_183543100.jpg

[PR]

by tanta720 | 2014-11-29 18:36 | | Comments(0)

Be My Last

f0073699_1161057.jpg

[PR]

by tanta720 | 2014-11-26 01:16 | | Comments(0)

ながれ

f0073699_23262333.jpg


だれがなんといおう と
[PR]

by tanta720 | 2014-11-25 23:26 | | Comments(0)

金沢

f0073699_14230594.jpg




金沢

中宮温泉

白山のお膝元



お昼に のど黒の寿司他
一番美味かったのは
プリンみたいに滑らかな玉子焼き

胃腸の湯が待っている
















[PR]

by tanta720 | 2014-11-22 14:26 | | Comments(0)

カシュガル

f0073699_22461829.jpg


朝から いつも以上にほこりっぽいだけだとおもっていた


飛行機まで飛ばない

砂嵐 

実は美しくて やっかい
[PR]

by tanta720 | 2014-05-14 22:35 | | Comments(0)

棒と針  面  

f0073699_15164895.jpg



雲海や山脈や大海原を
天竺さながらの光や 真空の星を
小さく眺めていると

まだもうすこし いきたいとおもう
地図をひろげ 人生のありかをさがしたいと望む



神経質で損しても
刺激に愚鈍になっても

そんな日々



有無をいわさない瞬間があることを知った


喜びと悲しみは同時に おなじくらいやってくる
圧倒的であればあるほど
[PR]

by tanta720 | 2014-04-06 15:17 | | Comments(0)

明るい中 グロッタをさがす

f0073699_2142379.jpg

大分までの プロベラ
[PR]

by tanta720 | 2014-03-26 21:44 | | Comments(0)

上高地

f0073699_2149113.jpg


夜行で朝5時すぎに大正池に着。
むちゃ寒く、まっ暗。
ヘッドライト持ってきてないよ。
人もほとんどいませんよ。

さて。。。
確実に零下の世界。

以前、白馬で山小屋バイトをしていた時、
お盆前で、石油ストーブをガンガンに焚いても
さぶかったことをおもいだした。

全く普段と同じでないところへ
きたことを忘れていた。

修理に出してたカメラ一式を組み立てたり、
じっとしたりウロウロしたりで、
小一時間。

しだいに朝が明け、
かなたにけぶる山山。木木。水面。

水がおそろしく澄んでいる。
はてしなく。

大きな池のほとりに、
しだいに増えていく人の数。
その水際ぎりぎりにすべっていくカモ達。
目の前、数十センチに上陸。
置きもんのように、
かつ確実に存在をアピールしている。

町の公園に時折いる手練な鳩のような
そうそうない奇妙な距離感を
あらゆる人らに振りまきつつも、
さーっと流し深追いをしない大人の対応に目が離せず、だいぶと時間を費やす。

愛らしいのだけど、
どうか野生児としてまっとうせんことを。


河童橋で朝ご飯をはさんで
だいたい4時間ほどのハイキング。

前半の道程が、すばらしかった。
うつくしかった。

あんなきれいな白樺、
はじめてだった。

たしかここは標高1500メートルほどだったか?
紅葉は、まだまだこれからの様子。

道は平坦だけど、日頃の運動不足で
足がピシピシいう。

次回こそ、
涸沢。
キャンプも。

さらに先を目指したい気持ちもあるけれど、高所恐怖症のわたしが、
雷避けながらすすむ稜線だとかクサリ場の難所だとか、
はたして…
まずは基本か。

さておき、
縁と運なく、
行きたかった白骨温泉、
叶わず。

帰途のチケットの都合で、
バスと列車で、安曇野へ。

ここでもまた、
一身上のあれやこれやで、
穂高温泉郷へはたどり着けず。

やー いきあたりばっ旅は
もーいーかなぁー

あと
なんにつけ
足がないと不便なとこばっかが
おおいから

車の運転、
本気で練習せんといかん。

ともあれ、
あすは、レンタサイクル借りて、
ウロウロしたあと、
かならず温泉へいきましょう。

さらに安曇野といえば、
わさびと蕎麦。
これも明日に期待。

きょうは、野沢菜のおやきと
いわしの唐揚げが旨かった。以上。
[PR]

by tanta720 | 2013-10-13 20:50 | Comments(0)

かんがえ中


f0073699_635197.jpg



ペトラからアンマンへ。

やっぱり移動はツライ。
さすがに珍しく車内で爆睡す。

本家ペトラもよかったけども、
今日ふとしたタイミングでいった
スモールペトラも
人がすごく少なくて静かで素敵だった。

行きのミニバスの親父が
えらくふっかけてこなかったら、
いうことなしだった。ラララララ。



アンマンはペトラと比べ湿度高めみたいだ。

車と人の密度が一気に急上昇して萎えるけど、
なんだか御飯おいしいし(そもそも食べやすい優しい味つけが多い)、
けしてキレイではないけども妙に居心地のよい宿にもありつけた。

はからずして死海へも行けた。


さて明日のアンマン空港泊、どうなるか。

カイロと同等にギザもやばそうだ。
気休め情報が聞きたくて決めた宿でも、いまエジプト行くひとはまずいない。

まさか、非常事態宣言とは。

空港はともかく、道路封鎖とかでどこで足止めになるかわからないしな。
タクシー代かんがえてる場合じゃないわな。

さて…どうしよう。
カイロからトルコにでも一瞬でるべきか…。
もうすぐそこまで来たのにな。
[PR]

by tanta720 | 2013-08-15 06:07 | | Comments(0)

머리 속의 비

f0073699_7163697.jpg


ことばが


とめどなくなるタイミングが降りてきて

少しあせるような夢から這いでた朝方



なぜだか無性にかられ

曲を流す



記憶の端々から

ぱっくりとレアなトラウマが口をひらけ

たまらないので

泣くことにした




난 언제

용서 용서되는 걸까
[PR]

by tanta720 | 2012-10-23 07:29 | 日々 | Comments(0)