青髭の真意

f0073699_2233598.jpg


これでもね
人生を捨てたわけではないのだよ


もったいないとかね
せっかくなのにとかね

いわないで


慎重すぎるとか
もっと前に出てとか

もういいから



私のペースでやるから

後悔するのは 私だから



苦しんで ジタバタあがきながら
この崩れきったバランスでもやっていくから




내가 원한 것이 뭔가.
하나도 몰라도 말도 안되도 여하튼 해보자.
아름다운 기억을 만들거야.
나 너를 믿다.




曽我部恵一氏 1DAY
サニーデイサービス 1DAY

雨と轟風にさらされの価値あり。


学生時代のアイドル的な存在のひとつ。
すごく熱さをもらった。


乾いて乾いて
枯れてしまうばかりの この部屋の花に 銀色の水を挿すように。

by tanta720 | 2012-03-25 21:58 | 韓国 日々 | Comments(0)

ほー

知らなかっただけで


こんなにも 歌がある。







by tanta720 | 2012-02-23 13:24 | 韓国 日々 | Comments(0)

半陰影のにじみ

f0073699_1557107.jpg


市民集会にでくわした

付近の道路には信じられないほどの数の機動隊


大きな車道をはさんだ向こうでは灯篭祭り
こちらもおびただしい人々の群れ


互いの存在を知る由もないように映る


時折おこるシュプレヒコール
手渡された原色のビラに ロウソクの灯


70、80年代ではないけれど 確実に根をはる森をみた気がした



一側面でしかない情報を鵜呑みにしていた自分を恥じた

そうだ 誰も痛みを受けないことが
わざわざ日本にまで届くニュースになるわけもない



女子学生に見知らぬおじさん 飲み屋の客にその店のマスター
皆、それぞれ考えは似ていたり はげしく異なっていたり

その人の人生に それはそのまま貼り付いているようにおもえた



わたしにも考えがある ただそれは余りにも未熟だ
耕さなければならない どこへいこうとも ここにいつづけようとも 


知らないではすまされないことが多過ぎて
途方に暮れてしまうが 知りたい





by tanta720 | 2011-11-06 17:06 | 韓国 日々 | Comments(0)

드디어 1년 지나서・・・

f0073699_1541228.jpg




深い夜に 強く降る雨は

こころに 幸福な無常感をもたらす















by tanta720 | 2011-06-23 15:52 | 韓国 日々 | Comments(0)

산울림




 산울림(サヌリム)「아니벌써


 私が住む弘大は、インディーズバンドのメッカで有名だ。
 ライブハウスが多くて
 音楽の専門学校も近くにあるせいか
 小学生のランドセル並みに
 若いのはギターケースを背負っている。
 
 
 K-POP全盛で
 ロックは不遇されがちと聞くが…


 異常なくらいひたすらあるカフェやクラブなどの
 お洒落さを前面に醸し出す雰囲気とはまた異なる
 ちょっと泥臭い空気感を勝手に視覚化して
 勝手に回想してみる。
 
 そう、昔よく観ていた60~70年代の映画。
 
 テーマが笑えるくらい難解でも
 ストーリーが滅茶苦茶でも
 主人公の瞳が切実な物語が特に好きで。

 
 彼らサヌリムは、77年デビュー。
 
 
 当時の韓国では民主化運動が盛んで
 それが80年代の学生運動に繋がっていったという。


 
 少し年上の飲み屋兼ライブハウスの人の
 昔はこっそりとしか日本の音楽を聴けなかったという話。
 
 少し年下の映画監督志望の子の
 今でもまだまだ作品への検閲や偏見が厳しいと憤る話。


 そう。
 そうだったんだ
 と、なんにも努力してこなかった私はわかったふりもしてあげられない。


















 
 


 
 


 

 

by tanta720 | 2011-03-08 22:52 | 韓国 日々 | Comments(0)

ゆうても夏





こういうの好き
癒やされる・・・









こういう↑↓のもある・・・





by tanta720 | 2010-08-16 00:06 | 韓国 日々 | Comments(0)